*

タダだからこそ、有益であれ。ブログコンテンツの質を憂う

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 ブログについて, 人生について

いや~風邪ひいてましたわ~みたいな出だしの文章は、誰も喜ばないんです

 

たかがブログ、されどブログ。タダだからこそ、有益でありたいと僕は思うのですね。

 

 

安かろう

安かろう悪かろう、とモノのたとえで言われます。安いもんの品質は、安いなりの品質ですよ、というヤツである。

 

これは物質においてたしかにそー言えることでしょう。コストのかかっていない工業製品は、大概出来が悪いです。

 

共産主義時代のラジオとか、そういう感じです(僕は使ったことありません)。

 

良かろう

ブログを見るのは基本的にタダである。ホリエモンの有料メルマガとか、イケダハヤトの有料サロンとか、そういうコンテンツをのぞけば。

 

有料のもんには、有料のモンなりの内容が伴ってくるし、購入する側からの期待を負うことになる。

 

しかし、うちのブログは無料である。消費していただくのはスマートフォンやらパソコンの電源、そして読者の限りある寿命である

 

そう考えていただくと、一刻も早くこのページを閉じられてしまうかもしれないので、みなさんには永遠の命を得ているものと錯覚したまま読み進めていただきたいのですが、とにかくうちのブログはタダなのである。

 

タダだからといって、駄文を垂れ流しておこう、という侮りを含んでいるわけではもちろんない。

 

むしろ逆なのだ。タダだからこそ、気軽に鼻くそほじりながら読んでくれていたら、もうそれでいい。本当にどうでもいい。

 

 

タダのブログ(これはダブルな意味で)を読むことで、なんかちょっとだけ楽しい気分になれたらいいじゃないか。

 

僕はそう思うのである。

 

 

タダだからこそ

そしてタダだからこそ、編集や検閲の目がないメディアだからこそ、面白いもんであってほしいとも思うのです。

 

タダなのに、有料のもんより面白い。というモノが作れたら、とても愉快だ。

 

もし仮に、有料のもんよりタダのもんが面白くて、タダのもんの方が圧倒的に多くなったら世界の経済はぶち壊れるであろう。

 

ちょっとだけ、そんな日を夢見ている。

関連記事

『時間がない』?サラリーマンしながらやりたいコトの時間をつくる3つのコツ

時間は寿命だぜ、オーイェー!   サラリーマンのみなさま、毎日寿命を売り払って

記事を読む

やる気が出ない。やる気の出し方を考える

やる気の出ない時ってどーしたらいいんだろうか。 いつもいつもこの問題については考えさせられる。

記事を読む

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。   僕は半

記事を読む

瞑想とストレス 意図的にぼーっとしてみましょう

By: Ian Burt[/caption] さいきん、瞑想をしている。 とか言うとと

記事を読む

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

By: Katsu Nojiri[/caption] 結婚したくない男の考え方 アラサー男子が

記事を読む

アフィリエイターのブログがつまらない理由

アフィリエイターのブログは面白くないです。いきなりブッコみましたが、だってそうなんですものね

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

no image

希望の手触りを感じろ

坂爪圭吾氏の、『希望が与える力について』の話を読んでからというものの、「希望」というもののパワーにつ

記事を読む

no image

結局やり続けた奴が勝つ

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。  

記事を読む

他人の文句を言ってるヒマがない

面と向かった悪口の例[/caption] 不満を言うヒマがない。 別段忙しいというわけでは

記事を読む

ミクウナ四コマまとめよる ~2018年4月号~

まとめよりました。新年度。   ←先月  

\オープンワールド!!!/楽曲解説~カルロス袴田インタビュー byカルロス袴田

現在のボカロ界におけるよくわからない微妙な立ち位置を誇るダイナ

ミクウナ四コマまとめ 2018年3月号

ミクウナ四コマの3月分まとめでございます。年度末。  

ミクウナ四コマまとめ 2018年2月号

遅くなりましたが2月分のミクウナ四コマまとめです。ヴァレンタイン。

ミクウナ四コマまとめ 2018年1月分

新年あけましたミクウナ四コマのまとめです。戌年。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑