*

7か月ぶりにアルコールを飲んで考えたこと

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

毎月のように禁酒についてクダ巻いていた僕ですが、ついに禁酒に終止符を打ちました。

 

 

7か月ぶりにアルコールを摂取して思うこと

7か月。短いような、長いような不思議な時間でございました。元から禁酒については期間はまったく決めておらず、ともすれば永遠に飲まないんじゃないかという意識でおりました。

 

でも、ゆうべ友人と食事をしている時に、ふと「飲みてーなぁ」という欲求が沸いてきたのです。ここまでの気持ちもまた、実に7か月ぶりでした。どれだけ他人が横で酒飲んでいても飲まずに過ごしてきたのですが、ゆうべは飲みました。

 

 

禁酒のきっかけは、わかりづらく言うと「強くなりたい」からでした。ひたすらに、自分という存在と向き合い、自分のなすべきことを為すために酒をやめました。その選択は間違ってなかったと思いますし、今のところスローペースではありますが、いろいろと上手くいきはじめているように感じております。

 

でも、ゆうべアルコールを飲みました。しかし、それと同時になんだか体が軽くなったように感じております。

 

アルコールを絶った当初は、「これでアルコールの呪縛から解放される!」という思いがありました。それが禁酒のモチベーションのひとつにもなっていたのも事実です。

 

でも、今はなんか、けんか別れした友人と数年来に再開して、仲直りをしたような気分でいるのですね。複雑なんだけど、決してネガティブな気持ちではございません。むしろ清々しいのです。

 

 

禁酒して良かったこと

まず、アルコール漬けの身体と、シラフの状態の身体をはっきりと区別できるようになりました。当たり前のことなんですけど、これが判別つくようになったのがかなりうれしい。今もなんとなく、脱水っぽい感覚が残っております。やっぱアルコールは体に悪いなーということが実感できております。

 

禁酒の最中には、「飲みません」と断ることの清々しさを全身で感じておりました。これも成長だったのかなーと思います。今後、自分が決めたことに反する誘いにはNOと言えるだろうなーという確信がある。禁酒すると、なんかメンタルが強くなる。

 

 

ゆうべは、自分から自分へ、明確にアルコールのGOサインが出たはじめての日でした。まるで他人事のように、「お前、成長したな!」と感じてしまいました。

 

 

アルコールに頼るよりも、シラフで作業したほうが絶対に良いことがはっきりとわかりましたので、今後ソロでの飲酒はたぶんしないだろうなと思います。アルコールよりも楽しいことが世の中にはいっぱいある。それも禁酒という遊びを経て分かったことです。

 

飲酒に関して、忌避感のようなものはもうありません。楽しいことは多いほうが良いよな、とリラックスして考えております。

 

 

ってことをMeisoの”Nakanaka”を聴いて考えた日曜日の宵でした。

関連記事

睡眠時間の最適化・早起きの効果とメリット

By: s0ulsurfing[/caption] 最近、朝型おじさんになりました。 カル

記事を読む

「会社員は何やかんやで楽」だと思う3つの理由

世の中、猫も杓子も会社員だ。独立して仕事をはじめます、なんて言い出すもんなら即座に変態扱いだ

記事を読む

右上がりの字を書く人の性格

By: Caleb Roenigk[/caption] かつてまだ僕が小学校のころ、教師に言

記事を読む

眠るためにやってみて効果があったもの3つ

画像こちら おはようございます。ここ数日、めっちゃ朝起きれた。ものすごく嬉しい。

記事を読む

no image

続けることが才能という奴なのではないか

ワタミの社長はぜんぜん好きじゃないのですが、彼のいうことには一理あると最近思えてきた。ネットでもネタ

記事を読む

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

By: Katsu Nojiri[/caption] 結婚したくない男の考え方 アラサー男子が

記事を読む

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより   電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化

記事を読む

それでもネタ切れに悩む困ったちゃんへ…ネタの発想法

僕はとりあえず、ネタ切れはしない自信だけはあるのです。それが面白いかどうかはともかくとして。

記事を読む

漫画家はもっとセルフブランディングするべき

セルフブランディングって何だよォォォォ!!!! という声も聞こえてきそうなので、説明いたします。別

記事を読む

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。   僕は半

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑