*

7か月ぶりにアルコールを飲んで考えたこと

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

毎月のように禁酒についてクダ巻いていた僕ですが、ついに禁酒に終止符を打ちました。

 

 

7か月ぶりにアルコールを摂取して思うこと

7か月。短いような、長いような不思議な時間でございました。元から禁酒については期間はまったく決めておらず、ともすれば永遠に飲まないんじゃないかという意識でおりました。

 

でも、ゆうべ友人と食事をしている時に、ふと「飲みてーなぁ」という欲求が沸いてきたのです。ここまでの気持ちもまた、実に7か月ぶりでした。どれだけ他人が横で酒飲んでいても飲まずに過ごしてきたのですが、ゆうべは飲みました。

 

 

禁酒のきっかけは、わかりづらく言うと「強くなりたい」からでした。ひたすらに、自分という存在と向き合い、自分のなすべきことを為すために酒をやめました。その選択は間違ってなかったと思いますし、今のところスローペースではありますが、いろいろと上手くいきはじめているように感じております。

 

でも、ゆうべアルコールを飲みました。しかし、それと同時になんだか体が軽くなったように感じております。

 

アルコールを絶った当初は、「これでアルコールの呪縛から解放される!」という思いがありました。それが禁酒のモチベーションのひとつにもなっていたのも事実です。

 

でも、今はなんか、けんか別れした友人と数年来に再開して、仲直りをしたような気分でいるのですね。複雑なんだけど、決してネガティブな気持ちではございません。むしろ清々しいのです。

 

 

禁酒して良かったこと

まず、アルコール漬けの身体と、シラフの状態の身体をはっきりと区別できるようになりました。当たり前のことなんですけど、これが判別つくようになったのがかなりうれしい。今もなんとなく、脱水っぽい感覚が残っております。やっぱアルコールは体に悪いなーということが実感できております。

 

禁酒の最中には、「飲みません」と断ることの清々しさを全身で感じておりました。これも成長だったのかなーと思います。今後、自分が決めたことに反する誘いにはNOと言えるだろうなーという確信がある。禁酒すると、なんかメンタルが強くなる。

 

 

ゆうべは、自分から自分へ、明確にアルコールのGOサインが出たはじめての日でした。まるで他人事のように、「お前、成長したな!」と感じてしまいました。

 

 

アルコールに頼るよりも、シラフで作業したほうが絶対に良いことがはっきりとわかりましたので、今後ソロでの飲酒はたぶんしないだろうなと思います。アルコールよりも楽しいことが世の中にはいっぱいある。それも禁酒という遊びを経て分かったことです。

 

飲酒に関して、忌避感のようなものはもうありません。楽しいことは多いほうが良いよな、とリラックスして考えております。

 

 

ってことをMeisoの”Nakanaka”を聴いて考えた日曜日の宵でした。

関連記事

肩書の話

俺は何て名乗りたいのだろう。 By: Kalyan Chakravarthy[/ca

記事を読む

社会人は趣味の時間がない←これマジ?

社会人になると、仕事に忙殺されて趣味の時間がなくなる。   ってマジな

記事を読む

怒りっぽいヤツは漫画でも音楽でもやればいいんだ

By: Navaneeth KN[/caption] エモーショナルな創作物が大好きだ。かっ

記事を読む

中川淳一郎氏の語る「他人」論が素晴らしい

他人に期待する人生って虚しいぜ。そりゃ、そいつがお前の期待通りに動かないこともあるだろう。当たり

記事を読む

読書のメリット・デメリットを考える

By: John Liu[/caption] 読書していますか? 意識高い系の定番とな

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

「とりあえずやってみる」のススメ

photo by http://urx.nu/n76t[/caption] やる気が出ない、

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

『考えてから行動する』より、行動しながら考える3つのメリット

あなたは石橋を叩くタイプでしょうか?   世の中には、行動の前に考えをめぐらせ

記事を読む

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

→もっと見る

PAGE TOP ↑