*

「引き寄せの法則」なのか、俺の努力の結果なのか。

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

引き寄せの法則というのがある。すげー簡単に言えば、「念じればかなう」みたいな感じのアレである。そんなわけねーだろ、と思いながらも、最近調子がよいので疑う気持ちが薄れつつある。

 

「引き寄せの法則」の実際

おそらくは、引き寄せの法則とはかなり単純な考え方なのである。たとえば資格試験に合格しようと思って、勉強をする。そうすると、合格が引き寄せられる。単純にはそういう話だ。

 

「目標を口に出す」ことで、目標への努力が日常的に行われやすくなるから、目標が実現しやすくなる。で、「引き寄せの法則」という考え方を持っていれば、目標へのささいなステップを「引き寄せ」によるものだと考えることができる。そういうことなんだと思う。

 

 

ただ、先述しましたが最近の自分はなんだか調子がよい。特に人間関係が。以前より知っていた人とコミュニケーションをとる機会に恵まれたり、チャンスとも呼べる何かを掴めそうなステップにいる気がする。頑張らねばなぁ、という気分である。

 

それもこれも、「引き寄せ」と考えることはできるものの、やっぱり自分の努力の結果であると考えてしまいたいのがエゴですね。自分に自信を持つのはいいことだと信じてるんですが、あまり自分というものに強くこだわりすぎると自分が固くなりすぎるきらいがある。

 

なので、受け入れるものはスルリと受け入れるような、そんなリラックスした姿勢で日々に臨みたいなと最近は思います。

 

 

失敗もクソもない

他人から評価されると、他人というものを意識する。そうするとだんだん、楽しくリラックスしてやっていたものが、だんだんと他人の目を気にして行うようになる。

 

経験上、他人の目が気になるときほど、他人は自分など見ていない。なのであんまり気にしないようにするべきである。失敗をおそれて踏み出さないようになると、いろいろとつまらなくなる。そういうのの積み重ねで、人間性って変わってしまうものだと思うので、その辺も柔軟に考えたいですね。

 

最近の自分のテーマは「失敗もクソもない」です。失敗すればいいと思っています。成功なんて追い求めて実現するもんじゃないと思っております。自分から見た失敗作が、誰かにとっては傑作かもしれないし、逆も然りです。上手くやろうと思いつめすぎると、ロクなもんにならない。

 

なので、思い切ってアホになり、色々とダイブしていきたいと思います。

関連記事

「こうじゃなきゃ駄目」って考えるのが駄目

By: zeitfaenger.at[/caption] 既成概念とか、常識といったものがあ

記事を読む

やりたいことができない・落ち込んだ時の考え方

やりたいことが出来ない、という人は多いかと思います。   最近私が考え

記事を読む

オタクのノリについて感じること

出典http://qq5qq.info/lJES スクールカーストの影響というのは、計

記事を読む

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

ソシャゲがパチンコよりタチが悪い3つの理由

ソシャゲとパチンコは同じである。むしろ、ソシャゲの方がパチンコよりもよほど、タチが悪いといえます。

記事を読む

no image

希望の手触りを感じろ

坂爪圭吾氏の、『希望が与える力について』の話を読んでからというものの、「希望」というもののパワーにつ

記事を読む

時間がないのか、捨てているのか――時間の使い方・作り方

以前魂を腐らせる習慣について書きました。   僕は日中、仕事をしてその

記事を読む

no image

「焦り」はいらない

人間は、焦る。様々な局面で焦る。   感情は人間にとって必要なものですが、「焦

記事を読む

読書のメリット・デメリットを考える

By: John Liu[/caption] 読書していますか? 意識高い系の定番とな

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑