*

つべこべ言わず、毎日ネームから仕上げまで1ページやってみるの巻

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 カルロス袴田の漫画 ,

最近こんなのを見つけた。『逆ネーム』ということで、自分が好きな漫画をネームの状態にさかのぼって考える。コマ割り・フキダシの配置などなど、自分が好きな漫画のポイントを見極めて身に着けるための練習ですな。

これやるなら、たぶん色んな作家さんをこなした方がいいだろうな、と思う。一人の作家のネームを真似たいなのなら別ですが、そうじゃないなら好きな作家を手当たり次第に研究していくほうが身になるでしょう。

まぁ俺やってないんですけどね!

 

最近僕は、スマホで読む漫画のコマ割りとか、画面の見やすさを考えております。

その辺を考えつつ、ネームの練習として1日1Pのショート漫画を仕上げる遊びもはじめました。

 

こんな感じです。

 

 

自分は話を落とすというのが、とっても苦手なのでその練習も兼ねております。

あとは、頭に浮かんだ一場面やセリフを展開させて、1ページで収めるという遊びです。1ページのなかで、キャッチーな見出しを考えつつ、緩急をつけばがらオチで印象付けるという3つの要素を盛り込む必要がありますので、けっこう大変ですね。他人事のようにヘラヘラと毎日考えております。

 

1日1ページということで、まぁ時間があれば誰にでもできるのではないでしょうか。僕がけっこう省エネな絵柄であるというのもあります。今んとこ目標としては、これを1日に3本くらいサクっと仕上げられるようになることですねぇ。1日3本描ければ、1年で1000枚以上作れる。1000枚くらい原稿描いたら、いろいろと今抱えている問題が解決するんじゃないかと、お遍路でもするかのような気分で臨んでおります。

 

結局、漫画が上手くなるためには原稿を描かねばならないわけで、逆にいえば漫画が描けない人は漫画描いてないことが一番デカい理由だと思うのです。

 

なので、漫画を描くということに対してしんどいイメージを持っている方は、まず1ページから始めてみるというのは、精神衛生から考えてもとてもヨイことなのではないでしょうか。とりあえず、完成させる感覚を身に着ける感じで。いちおう1ページのなかに背景・キャラ・コマ割り・セリフの配置とかをきっちり考えていけば、練習でありながら作品にもなるし。「

関連記事

完璧主義よりもスピード感で生きていきたい

最近、1ページ完結の漫画を1日に1枚仕上げている。   「とりあえず仕上げ

記事を読む

事務員キャリー その4

記事を読む

リバーサイドティーンズ非日常編第14話『既に』

前の話     つづき

記事を読む

リバーサイドティーンズ非日常編第15話『相変わらず』

前の話   つづき

記事を読む

漫画原稿の作業効率を上げる3つの工夫

漫画やイラストの作業効率を上げたいと考え、毎日いろいろやってます。   とくに

記事を読む

読切『ゲルシュテンドルゴゴ族』がジャンプルーキーで読めるぞ

出来ました。昨日の夜。新作読み切り15ページでございます。   &nb

記事を読む

リバーサイドティーンズ第1話~非日常編12話まで

    続き 非日常編第13話

記事を読む

正月アイマス漫画

クリスタのアップデート待ち時間がヒマだったので去年末に描いたアイマス本の漫画を載せておきます。

記事を読む

読切『鋼鉄魔人ガルガンチュアの怪』のネーム晒します。

  少年ジャンプルーキーという漫画投稿サービスに、漫画をアップしました。鋼鉄

記事を読む

日めくり漫画 事務員キャリーその3

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑