*

お前らイケダハヤトにつまんねぇって言われてるぞ、どうすんだ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 ブログについて, 人生について

 

最近どんどんラジカルになっていく、プロブロガーのイケダハヤト氏。炎上芸人と揶揄されておりますが、やはり目を離すことのできない存在であります。発言が過激なのは元からですが、最近その傾向が表面に出まくっており、また賛否両論の嵐です。

 

(画像はご本人のブログより)

サラリーマン=片手間

でも、言いたいことはとってもよくわかるんですよね。イケハヤ氏が言っていることって、「そいつがガチで人生つぎ込んでないコンテンツ」の批判なのです。だから、サラリーマンの片手間ブログを批判する。

 

 

ものごとは、片手間でなんでも上手くなるってもんじゃない。全力で効率よく、経験値を蓄積させてかないと修練にならない。アスリートだって、兼業でプロになれている人は一握りです。それだけ、「時間をかける」という方法は重要ということです。「ひとつのことに専念する」ということ。

 

 

サラリーマンを辞めるという選択肢は、まさにそれに該当します。退路をぶった切って、文字通り人生と命をかけてやりたいことにタックルし続ける覚悟。たぶん、そこまでの覚悟をもってすれば、大抵の人は上達するし、まったく食っていけないということはない

 

 

サラリーマンが持っている「安定」なんて確率でしかないです。バイトや日雇いに比べて、安定し続ける確率が高いというだけ。公務員はさらに、その確率が高い。確率的にいえば、非正規の立場の転覆>会社の転覆>国家の転覆。どれも0パーじゃないんです。だから、フリーランスになって転覆の可能性がグイっと上がったとしても、それは別に「生きるか死ぬか」の2択に晒され続けることに変わりはないです。人間ってそんなもんだ。

関連:「社会人」って何だよ、帰っていいすか

 

僕は明日クビになったら、とりあえず普通にはたらくの嫌なので路上で弾き語りでもしながら似顔絵とか描こうかなーと思います。それで食えなかったら別のことする。そんなもんですよ、人間なんて。

 

 

片手間でも、それなりにはなる

ただ、やり方は人それぞれあります。たぶん、リーマン続けながらも何とかやれる人って世の中にはいる。自分ができているかはさておき、僕だって一応はサラリーマンの端くれでもある。

 

 

サラリーマンがつまらない、というわけでは決してなくて、「サラリーマン根性」でダラダラやってる人間が真につまらない人間です。そういう連中が「真の片手間」であり、「真のつまらない人間」である。要は、時間と労力の投資について、何も考えないタイプの人間。まっとうに時間と労力をつぎ込んで作業すれば、ブログでも何でも、形になっていくと思うんすよね。でも、「つまらない人間」は、それができないし、それをやろうとしないし、それに気づこうとしないよな。だから「つまんない」し、愚かなのよ。

 

 

世の中、つまらないものは溢れている。じゃあ面白いものってどうやって作るんだ、って考えると、やはり

 

  1. 他人と違うことを実行する
  2. 他人と違う考え方を持つ
  3. 他人の言うことを丸飲みしない

 

これだと思います。

 

 

で、イケダハヤト氏の言うように、サラリーマンを辞めたほうが面白くなるというのは、まさにこれなんです。他人と違う生き方をするようになるから、自然と「考え方」とか「行動」が他人と変わってくる。そうすると、わりと面白いものを作れる確率が上がる。理にはかなっている。

 

 

逆に言えば、サラリーマンだろうが公務員だろうが、この考え方で工夫しまくれば面白いものは作れると思います。まぁ、辞めたほうが手っ取り早いのは事実。メシが食えるかどうか、というのは覚悟の問題です。

 

 

あんたを読ませろ

5. 何を語るかではなく、どのように語るかで勝負する

これは素人にはちょっと難しい話です。目ん玉掃除してから読みましょう。

実のところ、みなさんは、ぼくの文章の内容は読んでいないんです。むしろあなたは、ぼくの「文体」を読んでいるんです

「文体」の定義は非常に幅広いです。この文章の「テイスト」はもちろんのこと、「画像の使い方」「更新頻度」「コンテンツの変遷」「テーマ選び」「どのメディアを使うか」などなど、すべて含んで「文体」です。

ブログを6年書き続けてきてわかった成功法則 ― まだ東京で消耗してるの?より

 

 

ここでイケダハヤト氏が言っていることが、ものづくりに関しては真理です。イケダハヤトのブログを読む、ということは、「イケダハヤト」を読むということ以外に他ならない。もはや、彼はその領域なんです。ブロガーとか、物書きとかってレベルよりも、もう彼はイケダハヤトそのもの

 

 

きわめて個性的な作品を作る人って、もう作者そのもの感があるじゃないですか。ジョジョとかバキとかカイジなんてまさにそうだし、浅井健一も何歌ったって浅井健一。桑田啓介だってそうです。圧倒的な個性は、「何を描写しているか」とかを超越して、その人そのものを体感させます

 

 

イケダハヤトが言っている「ブログはアート」というセリフを本当に理解できないのなら、ものを作るうえで決定的な何かが足りてないです。全力でつぎ込んでいる人間は、全力じゃない人間の目に滑稽に映る。つまり踏絵です。「私はヌルいコンテンツだけ齧って生きています」という自己紹介になっちゃうのです。

 

 

ブログおもしろいよ

これだけ、「きちんと続ければ形になってくる」ものはあんまりない。自分が経験した限りでは、絵の練習やギターの練習のように、果てのない感覚がないんです。収益化という目標、アクセス数という目標があって、そこに対する試行錯誤がめっちゃやりやすい。

関連:ブログを書く理由。誰かにとって面白いもんでありたいのだ

 

いま、SNSもあるんで拡散もしやすいですから、ネット上でもの作って見てもらうことはすげー簡単になってますからね。何よりです。

関連記事

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

禁酒半年目で考えたこと

気づいたら禁酒して半年経過しましたので、その感想などを書き残しておこうと思う。  

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

no image

続けることが才能という奴なのではないか

ワタミの社長はぜんぜん好きじゃないのですが、彼のいうことには一理あると最近思えてきた。ネットでもネタ

記事を読む

二度寝デメリットと防止策を考える

眠い。そりゃもう年中眠い。 何時だろうと朝は眠い とBOSSも言っていた。 【ニコ

記事を読む

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょうか、我々は。 人生の半

記事を読む

アフィリエイターのブログがつまらない理由

アフィリエイターのブログは面白くないです。いきなりブッコみましたが、だってそうなんですものね

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

数をこなすと成長しやすい3つの理由

ギガジン先輩によれば、質よりも量をこなした方が上達が早かったという実験結果が出ているようです

記事を読む

安眠のコツ。夜食をやめると目覚めがいい

安眠のためにアレコレと策を練っている僕ですが、最近夜食をやめました。すると、以前に比べて目覚めがよく

記事を読む

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

→もっと見る

PAGE TOP ↑