*

雑な性格を直す必要はあるのか?

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

日々、なにかといえば大雑把にものごとを考えている。

 

雑な性格というものわりと考え物で、けっこう損をする機会が多いように思える。

 

雑で損すること

よくあるのが、もっと丁寧にやっとけばよかったなーという後悔である。今更すぎるが。

 

後悔なんてしても仕方がないので、ほとんどしないのですが、漫画はもっときっちり描いて応募しとけばよかったなーとも思う。

 

いつもいつも、なぜか時間をかけずに徹夜みたいな真似までして滑り込むように投稿していた記憶がある。

 

今現在はwebでの投稿がメインになっており、とくに締め切りがどうとかいう意識はないです。

 

 

とにかく、雑に物事をこなしていると、あとあとになって後悔することが多いように思われます。

 

少女ファイトでも、生き方が雑だっつって怒られてたじゃないですか。

 

 

 

自分いま雑だな、と思ったときは、件のセリフを思い出して戒めにしております。

 

 

雑と適当の違い

世の中わりとポジティブ思考礼賛、みたいな風潮があります。

 

テキトー業界のファンタジスタこと高田純次のアシストもあり、適当な人間が面白がられる土壌は十分にあると思います。

 

みんな、きっときっちりすることにつかれているのだと思う。

 

普段から真面目に、きっちりと物事をこなすことを要求されるからこそ、適当な人間への憧れがある。

 

 

だからこそ、もっと適当でいいんじゃない? 的な、ゆるい考え方は歓迎されるのでしょう。

 

 

ここで注意したいのは、雑であることと適当であることには絶妙な差があるように思えることです。

 

適当とは、辞書によれば ふさわしいこと という原義があります。

 

いわば、テキトーであっても雰囲気にあっていればおk、みたいな。

 

 

一方で、雑という言葉には、そういった意味合いはない。

 

ひたすらに投げっぱなす。

 

それでいいのか、と本人すら時折不安に感じるほどのどうでもよさ。

 

それが雑である。

 

 

雑な性格の人間とは、まさにそういったコンプレックスを抱えて生きているといっても過言ではないと感じる。

 

なぜなら僕も、ものすごく雑だからである。

 

 

適当であることは、実はものすごく空気の読める雑さのことであり、

 

雑であるということはただ、雑であることでしかない。

 

そんな風に思えるのだが、どうだろうか。

 

 

適当を目指すのは難しい

そう考えると、適当を目指すのはけっこうハードルが高いのではなかろうか。

 

雑な人間と、同じようなクラスにいるかと思いきや数段上の洞察力を備えた人間。

 

それが適当な人間である。

 

 

では、雑な性格の人間が進化したいと思ったとき、目指すべきはどこか。

 

それはたぶん、とりあえず真面目にやることなのではなかろうか。

 

 

真面目とまではいかずとも、時間をかけて丁寧に仕上げてみる、という経験をしてみる。

 

僕も何度か経験があるのですが、丁寧に仕上げた原稿を経ると、経験値のたまり方が多いのです。

 

雑に仕上げて、数だけこなしたような原稿だと、あんまり進歩がない。

 

 

雑な人間は、同時にせっかちな人間でもある。

 

しかし、いったんそういう焦りを置いておいて、丁寧な作業をしてみる。

 

というのもかなり大事だと思う今日このごろちゃんである。

関連記事

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

カップヌードルのような人間関係

カップ麺が基本的に好きじゃない。 そもそもそんなに美味しいと思わないのだ。好きな方には

記事を読む

二度寝デメリットと防止策を考える

眠い。そりゃもう年中眠い。 何時だろうと朝は眠い とBOSSも言っていた。 【ニコ

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

心に余裕を持つには

心に余裕を持つには、自分がいまどういう心理状態にあるのかを見極めることが必要です。  

記事を読む

「ウィークデイベジタリアン」やってみるか

サイヤ人もとい、野菜人になることは健康によいらしい。    

記事を読む

禁酒を解除して変わったこと

By: Emiliano De Laurentiis[/caption]  

記事を読む

no image

「機嫌が悪い」はクソ

最近は忙しかった。忙しいという理由で物事に手をつけないヤカラのことが、僕はあまり好きではないのだが、

記事を読む

話してて面白くない人間と話してて考えたこと

アホみたいなタイトルですが、話してて面白くない人間の人生をたまに、ふっと考えることがあるので

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑