*

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

公開日: : 最終更新日:2017/08/09 人生について ,

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありましたしかし最近それは「間違っていたのかもしれへん」と思うようになった

 

 

年上に敬語を使われると気持ち悪い

というのも、先日年上の人間と食事を共にする機会があったのです。けっこう上の人間。そん時に、時たま挿入される敬語が、絶妙に勘に障るのです。「なんで敬語使うんだろう?」という疑問もあったし、単純にすげー距離を感じてしまった

 

 

別に年齢がどうとか、ということを言いたいわけではない。僕自身は相手のことを「年上」「目上」として捉えていたし、プライベートな場面だったので面倒な気配りは欲しくないと思っていた。そういう場面だからこそ、時たま現れる敬語が、コミュニケーションを阻んでいるように感じたのである。

 

 

「敬語使っときゃいいだろ」の精神

思えば、僕が後輩に使っていた敬語も、同じようにとられていた可能性は大いにある。失敗したなーと思います。

 

 

なぜ僕が後輩に敬語を使っていたのかといえば、単純に「面倒くさかったから」なのである。相手のことを敬って使うのが、敬語というものの本当の機能であるにも関わらず、「こいつらには敬語使っておけばまぁ、問題ねーだろ」という侮りがあった。ほんとうの意味で相手を敬う敬語ではなかったのだ。これはSHOCK。ショッキングな彼だ。

 

 

「敬語使っときゃいいだろ」の精神。リスペクトのない敬語が、いかに他人に距離を感じさせるかというのを、今回の件ではじめて実感した。今後は、適切な言葉遣いをした方が良いなぁという教訓となりました。

 

 

リスペクトがあってこそはじめて「敬語」が成立する

とはいえ、敬語がコミュニケーションに必要な場面も多い。ネット上のコミュニケーションも、知り合い以外には敬語を使うようにしている。ガチガチの敬語とまではいかないけど、丁寧語ぐらいは使ったほうがよろしい。仲良くなったら取り払えばいいですし。

 

 

そして、それと同時に、敬語じゃない方がコミュニケーションが進展するケースも、多々あるようなのです。重ね重ね、久々にショックを受けた。「俺ってこんな仕打ちを他人にしていたのか」という。

 

 

散々、「人間関係がウザい」だのなんだのと吠えてきた僕でありますが、まだ人間関係でセンシティブに傷つく可能性を秘めているもんだなぁと思いました。

 

関連:不要な人間関係を切り捨てる方法

 

とはいえ、ナァナァの人間関係は好きじゃないので、いまだにその辺は切り捨てるように生きております。

 

 

重要なのはリスペクトなのだと感じます。敬語というツールの乱用が、コミュニケーションに壁を生む事例もあるということです。

 

 

「正しい言葉」にあんまり興味はないですが、「良い言葉」を使うようにはしたいものです。

関連記事

酒やめて4か月弱経過した感想

タイトルどーり、酒・アルコホールの類を飲むのをやめた。2015年3月11日から飲んでいない。

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

心に余裕を持つには

心に余裕を持つには、自分がいまどういう心理状態にあるのかを見極めることが必要です。  

記事を読む

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。   「数

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

「好きなことで生きていく」ために。何のために働くんだ、俺たちは。

お晩です。カルロス袴田だよ。   好きなことで、生きていく。言うは易し

記事を読む

結局みんな、自分の話がしたくてたまらない

自分て性格が悪いなーと実感するのは、他人の話を「聞いてやってる」みたいな意識になっている時で

記事を読む

金がないのは「習慣」と「伝染」なのではないか説

朝からT.M.Revolutionを流すと部屋の空気がキリっとなります。これってトリビアになりません

記事を読む

将来への漠然とした不安で鬱になる? 不安の正体をぶちのめせ

将来って不安ですよね。ほんとムカツク(僕の心はいつだって90年代のコギャルです)。 &

記事を読む

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより   電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化

記事を読む

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑