*

結局みんな、自分の話がしたくてたまらない

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について , , ,

自分て性格が悪いなーと実感するのは、他人の話を「聞いてやってる」みたいな意識になっている時です。これはわりと申し訳ないのだけれど、会話の最中にふっと、我に返るという感覚に近い。「こいつの話していることはどういう意図なんだろう」というように、会話の表面から相手の目的を探ってみたくなる。

 

 

というように、性格の悪い話の聴き方をするようになると、他人が結局、「自分の話をしたくて話をしている」のだと気づく

 

 

悩み相談

時折、悩み相談のような機会を設けられることがある。僕もそういう時には、悩みというか待遇への不満のようなものを漏らす。言わないより言ったほうが、当然伝わることも多いし、自分としてもすっきりするからです。

 

 

そんな相談に対して、「あーわかるわ、俺もさ…」という語り口が返ってくると、「あ、始まった」と思う。なんなら若干嬉しくなる。「この人も、自分の話したいんだなー」と。もちろん、悩み相談という場において、噴出してきた悩みを受け止めるためのクッション的な役割に、自分の例を使おうという目的であることはわかる。でも、そこで僕が「相談者」から「聴き手」へと瞬時に回ることで、相手はボロボロと自分語りを始めるのだ。これが面白い。

 

 

その時点で、悩み相談というものは半分終了して、「俺も頑張ってるから、頑張ろうよ」という応援ソングのような会話に成り代わる。もちろん、僕としては「はい、オッケーです」みたいに、受け止めるぐらいしか反応の仕様がなくなる。ごく普通の他人の体験談で、悩みが改善するということはほぼほぼない。なので、この時点で悩み相談としての性格は失われるのだ。残るのは、相手の自分語りのみ。でも、それが面白いので別によい。

 

 

「話をさせる」余裕をもった人

なぜ、自分語りが止められないのだろうか。僕はブログを書いたり漫画を描いたりといった形式で、日常的に自分語りをしているわけですが、もしかしたらそういう場が会話以外にない人は、自然と日常会話で必要以上の自分語りをしてしまうのかもしれない。いわばデトックスの場がない。自分語りの場を探しているのだ。

 

 

もちろん、自分の話をしたい、というのは当たり前の欲求だと思うし、必要なことだと思う。アウトプットはデトックスであり、排泄である。身体にとって必要。

 

 

ただ、僕としては「話せるけど話さないで、武器を隠し持ったまま相手の話を聞いてる」状態が、カッコいいなーと思う。ともすればこれは、相手を見下した態度にも繋がってしまうのだけれど、あくまでリスペクトをもって、相手に話させるというのが重要だ。そして、楽しい。

 

 

前々から、「余裕のある態度」であるとか、「人間としての器」について考えることが多くなった。そして、自分の器というものが、どれだけの容量をもっているのか疑問に思っているので、コミュニケーションの場ではあえて、自分を試すようなスタンスで臨んでいる。僕は、「余裕のある人間」はカッコいいと思うし、尊敬に値すると考えている。

 

 

今回のような例でいえば、「余裕」とは、相手に「話させる」包容力をもった会話のできる人間に宿ると思う。あんまりいないんだけど、たまにそういう余裕をもった人間と会話をすると、「おーやるなー」と思う。本当、ほとんどいないけど。

 

 

この「余裕」の基準は、僕が勝手に考えて当てはめてる基準でしかないので、他の人にそう当てはまるもんじゃないとは思うのだけれど、これからもしばしば考えてしまう基準になるんだろうなぁ。他人に期待はしすぎず、たまに考えてみるぐらいでちょうどよい。他人に多くを求めると、自分が失われる

 

 

追伸:最近、3月のライオンをまとめ買いしました。才能と孤独に苦悩する、少年の話です。

関連記事

カルロス袴田 2016年の抱負(野望)

明けましておめでとうございます。カルロス袴田です。   年越しは寝てま

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく稀にあって、そういう数字はふだ

記事を読む

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

By: Katsu Nojiri[/caption] 結婚したくない男の考え方 アラサー男子が

記事を読む

お前らイケダハヤトにつまんねぇって言われてるぞ、どうすんだ

またケンカを売ってみたよ。/ サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由 : まだ東京で消耗し

記事を読む

将来への漠然とした不安で鬱になる? 不安の正体をぶちのめせ

将来って不安ですよね。ほんとムカツク(僕の心はいつだって90年代のコギャルです)。 &

記事を読む

怒りっぽいヤツは漫画でも音楽でもやればいいんだ

By: Navaneeth KN[/caption] エモーショナルな創作物が大好きだ。かっ

記事を読む

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょうか、我々は。 人生の半

記事を読む

嫌いな人との接し方が変わるただ1つの方法

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] 人間、どーしても「コイ

記事を読む

睡眠時間の最適化・早起きの効果とメリット

By: s0ulsurfing[/caption] 最近、朝型おじさんになりました。 カル

記事を読む

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑