*

金がないのは「習慣」と「伝染」なのではないか説

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

朝からT.M.Revolutionを流すと部屋の空気がキリっとなります。これってトリビアになりませんか? カルロス袴田です。

 

 

最近、「俺、金あるなぁ」と思ったんですが、(別に大金持ちってわけじゃないが生活に困るほどではない)その理由を考えてみたのです。以前の僕は、とにかくお金がありませんでした。貯金ゼロとか当たり前で、所持金が3000円とかザラだったのですね。よく生存してこれたなぁキモいなぁと思いますが、今のところはわりと貯金なんかもあります。買いたいものは大抵買えます。嬉しい。

 

 

以前の自分と、現在の自分の差を見つめ直してみた結果、異なるのは「習慣」と「他人」という要素だったのかなーと思います

 

金がないのは「金がなくなる習慣」で暮らしてるから

BGMはライムスターでいきましょうか。

もちろん、諸経費によってお金がない人は別ですよ。病院に通ってるとか、実家に送金しないとマズいとか、やむに止まれぬ事情のある人はしゃーない。

 

 

ただ、そうでもないのに金欠の人間というのは、結局自分のせいでお金がないわけです。で、自分のせいでお金がないのはもう、「習慣」がイカれているとしかいえないのです。お金は習慣によって減りもしますし、貯まりもします。

関連:節約の方法について思うこと

 

たとえば外食。一度外食すれば、1000円~2000円は減りますね。焼肉とか言ったら5000円くらい飛ぶでしょう。外食はお金がかかります。僕も、最近は余裕が出てきたので、ちょいちょい外食して遊ぶようにはなりましたが、貯金はじめた直後は数えるほどしか外でご飯食べることはありませんでした。だって高ぇんだものな。

 

 

で、外食してるうえで「金がない」っつってる人間は、ハッキリ言って頭がおかしいとしか言えません。もう、ダメです。ウシジマくんでいったら、「お刺身食べなきゃ死んじゃうよ~」って言ってるオバチャンと一緒ですよ。アレと一緒です。もちろん、パチンコやスロット、ギャンブルの類も基本的にやらないほうがいいですよ。(基本的に、と言ったのはそれで食えてる人間も世の中にいるからです)

 

 

でも多分、外食をしない生活が有り得ないと思っている人は、けっこういると思うのですね。これはなぜかというと、そういう育ちかたをしたからに他ならない。家庭環境や教育といった、文化資産の問題になってくる。そういう人間に、習慣を変えろと言ってもはっきり言って言葉が通じる気があんまりしないのですが、届くといいですね。

 

 

外食をしなくても、自炊をするなり、小食にするなり、やり方はいろいろあります。ただ、「金がない習慣」で生きている人間は、「忙しいから、時間がないから外食」というメカニズムに支配されているのです。すべての新しい習慣を「面倒くさい」で片づけるのでしょう。一生成長できません。悲しい。

 

 

金がないのは「伝染」します

そして、金がない習慣で暮らす人々は、群れます。徒党を組む。パーティを結成するわけです。そのいい例が、いわゆるヤンキーの群れや、カップルですね。古代の言語ではアベックといいます。

 

 

本来、人間は助け合う生き物です。むしろ、助け合って生きてきたからこそ、現在の発展があるといえるでしょう。しかし、低俗な習慣の人間が集まったところで、低俗な集団にしかならないというのも事実です。向上しようという意志のない集団は、しょせん有象無象の群れでしかない

 

 

深夜にファミレスでたむろすヤンキー、コンビニ前でたまるヤンキー。そういうことやってて、何かが向上していくはずもないのです。いないでしょ、「こないだピケティ読んでさぁ」みたいな話してるヤンキー。俺も読んでねーよ。

 

 

で、人間は人と関わると金を使う可能性が高いです。メシを食いに行ったり、カラオケに行ったり、服を買ったり、一人じゃしないであろう金の使い方をするようになります。次第にそれが当たり前になり、金を使う習慣が形成されていきます。

 

 

恋人なんかがいると、さらに面倒です。よほど出来た恋人なら別ですが、たいていは金がかかります。へたな恋人になると、パチンコでも打ってたほうがマシってぐらい金がかかってしまいます。嫌ですよ、マリンちゃんより金を奪い去る女

関連:「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

 

このように、金を浪費する習慣をもつ人間が連れ立つことで、金がない状態は伝染していくのです。金を持ちたければ、ある程度の孤独は覚悟しなくてはならない。逆にいえば、孤独に慣れた、孤独を楽しめる人間にとっては、お金を貯めることは容易です。

 

 

金を使うことは楽しい

画像こちら

結局、お金は使わなければ貯まります。なんてことない、普通の事実です。使わない習慣を身に着けて、ある程度の収入を確保すれば、簡単にお金なんて貯まります。その程度のもんと考えるべきです。

 

 

で、使う時はきちんと使う。これも重要です。ついつい貯金をはじめると、お金を使うことに罪悪感を感じてしまい、結果として心が抑圧されてしまう。そんなことでストレスを感じるくらいならば、使いたいお金は使ってしまうべきなのですね。っていうか、そうじゃないと何のために金貯めてるのかわかりませんから。

 

 

極論いえば、将来のためにお金を貯めるというのはナンセンスなのですよ。だって、明日死ぬかもしれないじゃないですか。その時口座にお金が残っていたって、いったん凍結されて誰かに引き出されて終わりですよ。一番しょうもない金の使い方です。だったら、好きなもん買ったほうがいいです。

 

 

ただ、お金の使い方にも、人それぞれ考え方があります。お金を使うなら、より自分の身になるように使ったほうがよい。たとえば、本を買うとか、作業効率を上げるためにパソコンを買い替えるとか、そういう風に「自分の経験値を上げる」ためのお金の使い方は、どんどんした方がいいです。そうすると、お金になる方向に自分が成長するので、結果的に見てお金を増やす方向に繋がります。

 

 

逆に、ギャンブルやゲーム、外食なんかは刹那的な快楽におもえますが、これを経験することによって得られるものが大きいならば、そこに投資するのは大いにアリなのです。結局、その人次第です。何事も。今の時代、情報発信のネタがあるということは収益につながる可能性しか持ちえないので。とにかく、自分にとってネタになるのならば、投資の対象は何でもいいですよ。

関連:漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

 

金を使うのは、楽しいことです。基本的には。使わないで楽しめることを楽しんだあと、金を使わなければ楽しめないことを楽しむ。それでよいのです。世の中うまいこと出来ていて、価値のある情報、体験にはお金が必要であることが多いです。それは、「お金を払った」ということに対する自分の中での意識の差もありますし、実際に値段相応の価値があるということも多いからですね。安い情報は安いですし、高い経験は高いです

 

 

結局のところ、お金のない人間は、お金の使い道が経験や体験といったものに変換されていかない人間なのかなーと思います。もったいないという言葉がもっとも似合います。

関連記事

やる気が出ない。やる気の出し方を考える

やる気の出ない時ってどーしたらいいんだろうか。 いつもいつもこの問題については考えさせられる。

記事を読む

心に余裕を持つには

心に余裕を持つには、自分がいまどういう心理状態にあるのかを見極めることが必要です。  

記事を読む

仕事が寿命の安売りに思える時

By: Sean MacEntee[/caption] サラリーマンのお話です。 &n

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

あいさつをしない人間は何を考えているのか

By: Moyan Brenn[/caption] 僕は比較的あいさつをする。とりあえず、あ

記事を読む

no image

お金がないと生きていけないんだろうか?

我々はなぜお金がないと生きていけないと考えるのだろうか。 たしかにお金は大事である。 お

記事を読む

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより   電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化

記事を読む

no image

失敗したくない人間が考える「成功」の定義がダサい

失敗アレルギーみたいな人間が多い。ほんとーに、喋っていてダルい。倦怠感しか抱かない。 &nbs

記事を読む

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは、正直そこまでありません。

記事を読む

ソシャゲがパチンコよりタチが悪い3つの理由

ソシャゲとパチンコは同じである。むしろ、ソシャゲの方がパチンコよりもよほど、タチが悪いといえます。

記事を読む

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

ものごとがつづかない人へ。わたしが毎日四コマを描く理由

カルロス袴田(@hakamad)です。 いつの間にやら、毎日四コ

→もっと見る

PAGE TOP ↑