*

黒髪ツヤベタの塗り方・練習法 3パターン講座

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について, ,

ツヤベタについていろいろ模索したので、その中から3パターンを講座っぽくまとめてみました

 

 

ツヤベタを描けるようになりたい若者が多い

僕は黒髪のツヤベタが大好きで、いろいろと練習しております。髪の毛を描くうえで、ツヤベタが描けるとだいぶ絵のバラティが増えると思います。しかし、ツヤベタに対する世間のイメージはこうです。

 

  1. だるい
  2. 面倒くさい
  3. 手が汚れる
  4. インクが乾かない
  5. モテない

 

といったしんどさが挙げられます(街頭インタビュー)。

 

そんなわけで、ツヤベタを覚えましょう。

 

 

なんとなくよく見る!ツヤベタの3パターン

画像を見ていただくとだいたいそんな感じなのですが、具体例を挙げていきましょう。

 

 

まず①

こんな感じですね。わりとがっつりツヤベタ、といった感じのツヤベタ。手数としてはもっとも多いこのツヤベタ、少女マンガなんかの繊細な描き込みが求められるジャンルで頻出します元祖ツヤベタって感じで、パパさんやママさんに見せても「あー、ツヤベタね! 若いころよくやったよぉ」とか言うんじゃないでしょうか。言わないと思います。

 

 

黒髪の鮮やかさを出すにはもってこいな表現なのですが、その一方で若干の古臭さも感じさせる危険性もあり。

 

続いて②

一見するとあんまり①と変わりませんが、こっちはかなり白の面積が大きいですね。つまりどういうことだってばよ! といいませば、強めの光を意識しているということです。①と比べて黒(ベタ)の面積が小さくなるので、それイコール手数の少ない省エネになります。その割に、けっこう見た目も今っぽくなりますので、個人的にはこっちの描き方はぜひバッチリポン(キュピーン!ドゴゴゴ)と習得していきたいところです。

 

難点としては、光源を意識して適切なベタを置いていかなくてはならないので、けっこう難しいという点。慣れが必要です。難易度でいえば、①の古典的ツヤベタのほうが手数でゴリ押しできるので楽です。

 

 

さいごに③

こちらは②と逆転の発想。②が白い紙を少ない黒で埋めようとしたのに対し、今回は黒で塗りつぶしたのちに、ホワイトでツヤを入れるという工程になります。デジタルだと、ベタの上にホワイトがきれいに乗るので、この描き方はかなり便利です。

 

 

デジタルの場合ですが、黒ベタのレイヤーを線画と別に作って、さらにその上にホワイト用のレイヤーを作ります。ベタレイヤーの透明度を下げて線画が見えるようにして作業すれば、かなりやりやすくなります。

 

 

例に挙げた絵だと、ツヤの部分のみならず髪の毛の末端にもカケアミっぽくホワイトをペンで入れております。こうすると、髪の毛が先端に行くにしたがって細くなっていく表現とかに使えると思います。デジタルだと超やりやすいです。みんなクリスタ使おう、なっ!

 

 

みんな大好き!ツヤベタの練習法

そんなわけで、ツヤベタ3パターンをご紹介いたしました。ツヤベタの練習方法としては、ひたすらに模写するのが一番手っ取り早いかと思われます。デジタルだろうがアナログだろうが、けっこうペンタッチの強弱を要求されるので、まずはペンを触りまくるのが先決です。

 

 

で、「これカッコいいなー」と思うツヤベタを見つけたら、すかさず模写しましょう。だいたい同じような描き方を10回くらい練習してしまえば、そこそこ似た雰囲気のものが描けるようになると思います。レッツ練習!

 

 

僕が参考にしているのはわたらいさんのモノクロ漫画とか、

(画像はご本人Pixivから)

 

岩原裕二先生の漫画とかです。

(画像はこちらから)

どちらも素晴らしいベタ使い。お見事です。

 

 

ツヤベタができる利点

ツヤベタに限らない話ですが、ベタ全般が上手になりますと、画面構成が落ち着きます。どういうことかといいませば、トーンをあんまり使わなくても漫画の画面が完成してしまう。これはとんでもないメリットです。

 

 

トーンを使いたい、という方は別です。ただ、トーンを使わないというある種の美学って、なんだか世の中にありますからね。ワンピースとかその辺の、ジャンプ信仰といいますか。ジャンプは総じてベタが濃いです。トーンもいっぱい使っておりますが。個人的にジャンプでベタが上手といいますと、ハンターが思い浮かびます。冨樫先生は、ベタ一発で済ますことの方が多いですからね。あの技量はおかしい。

(画像はこちらより)

上のページも、キャラはトーンなしですね。

 

 

そんなわけで、拙いツヤベタ講座記事でした。お粗末です。

関連記事

no image

絵が上達する近道を考える

  絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことは

記事を読む

漫画家はもっとセルフブランディングするべき

セルフブランディングって何だよォォォォ!!!! という声も聞こえてきそうなので、説明いたします。別

記事を読む

自己啓発本を焼き捨てろ カレー沢薫『負ける技術』

ポジティブ礼賛の流れを世の中に感じるようになって久しいですが、そんな中で颯爽と現れたるが、時

記事を読む

映画バクマン主題歌が『新宝島』って良いよなぁ

新宝島と言やぁよぉ 手塚先生ですよ。   漫画の歴史を変えた決定

記事を読む

「漫画の資料ドットネット」が安い。冷静に考えると安い

  きのうツイッターで見かけたのでご紹介します。漫画の資料ドットネットという背景資料

記事を読む

Web漫画家の未来 収入とか収益化とか

すっかりパソコンやスマホで漫画を読む機会が多くなった。   というか、

記事を読む

夕食抜きの是非と寿司ネタの話

  晩飯ってそこまで重要じゃない気がしてきた。   晩飯の

記事を読む

クリスタEXにする利点はやっぱ「線画抽出」でしょう!

クリスタをEXにする利点は、何といっても線画抽出機能でございましょう。先ほどクリスタEXに乗

記事を読む

no image

シドニアの騎士とGIANT KILLINGがKindleでタダなので買いました

  1~3巻が100%オフ。 どっちも7月2日までらしいです。

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

C92で出した本の紹介

こんな本を出しました。 ↓ピアプロリンクです。

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

→もっと見る

PAGE TOP ↑