*

ブログSEOは「長文じゃなきゃダメ」ってわけでもない

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 ブログについて

ブログSEOにおいて、「長文じゃなきゃ上位表示しないよ」ってことはございません。短い内容の記事でも、上位表示することは十分できます。

 

ブログで記事を書いて、検索エンジンで上位表示すると、いっぱいアクセスがきます。そういうのを総称して、サーチエンジン最適化=SEOと呼ぶんですけれども、このSEOという観点からいえばブログの記事は長文のほうが良いと言われます。まぁブログの記事だけに限らず、webサイトにはいっぱい文章があったほうが、基本的には良い。

 

何故か。

なぜSEOの観点で文字数が必要なのかといえば、単純に「検索に引っかかるワードが増えるから」なのです。たとえば、こないだ僕が書いた記事だと、ソーシャルゲームのデレステについてちょいちょい書いた記事がいくつかあります。

 

そうしますと、「デレステ ブログ」とか、「デレステ フルコン コツ」とか、タイトル以外のワードから検索にひっかかり、たどり着いてくれる人が出てくるのです。

 

もっと言えば、ドメインの強さというのも影響してきます。ドメインというのは、そのホームページのアドレスと似たようなもんであると考えてくれればとりあえず良いです。人がいっぱい集まったドメインは、検索エンジンで上位表示されやすくなります。これを「ドメインが強くなる」とか表現するんですけど、僕のブログはかなり弱小です。でも一回だけけっこうなアクセスが集まったことが合って、その影響でちょいちょい強くなり出しております。

 

ドメインが強くなると、記事のタイトルに含まれていないキーワードでも検索に引っかかることが多くなり、ますます長文でブログを書いたほうがよい、というリクツが生まれます。

 

長文は双方向的にだるい。

そんなリクツをふまえますが、最近ブログで長文を書き綴るのがなんだかしんどくなってきました。そういう気分じゃないというか。

 

だって、1記事4000字とか5000字とかの文章って、まぁそこそこ書くのに時間かかるわけですよ。よほど計画を綿密に練らないと、あんまり短時間で終わる作業じゃないのです。短時間で済んだとしても、計画を綿密に練った時間を作業時間に加算すると、やっぱり時間かかってるってことになるわけで。

 

さらにいえば、読者は果たして長文求めてるのか? と言えば「別に?」って言うひとの方が圧倒的に多いと思うんですよ。

 

だって、ブログですよ。どこの誰でもない個人がやっている、ごく普通のブログです。金をとっているわけでもないし、出版されているわけでもない、webサイトです。たまたまそのページにたどり着いて、「うわ、文章なっげぇ」って思って閉じる人ってけっこういると思うわけですね。

 

もちろんジャンルによっては別です。僕も書評や映画評論なんかは食い入るように見るので、長文でも苦じゃない。でも、「これ長文じゃなくてええやろ」って記事も同時にものっすげぇたくさんあるわけです。

 

長ぇんだよ、縮めろ。

個人的にものすごくイラっときたのは、ヘッドホンのレビューです。僕は音質のいいBluetoothのイヤホンをさがして検索かけてたんですが、まぁ音質とは関係のない記述ばっかのページがわんさか出ていました。「お前これ買ってねーだろこのイヤホン」と思います。肝心の音質についても、どっかのレビューからパクってきたんだろうなーという記述。

 

その記事がですね、「Bluetoothについて1から10まで教えるよ!」みたいなタイトルだったらまだいいんです。だけど、Bluetoothの音質がどうのこうのってタイトルの記事で、いらん内容読ませて時間奪うなよと。そのくせ、記事のケツに載ってる音質についての情報は、どっかのコピペみたいな情報しかない。

 

その時、僕の頭のなかに声が聞こえたのです。

 

縮めなさい。大事なところを書きなさい。水増しするのではなく、必要な文章をきちんと書きなさい。

 

そんな声が聞こえたのです。

 

 

だから俺は決めたね。

もう、ブログの記事を長くすることにはこだわりません。うちのブログの記事はジャンクフードみたいな存在として読者に提示できればそれでよい。

 

まちがっても、パッケージを開けてお菓子に手が届くまで3分も5分もかかるようなジャンクフードにはなってはいけない。それはクソブログだ。間違いない。

 

というわけで、頑張りましょう。

関連記事

【ブログのPVを伸ばす】じわりと伸びるブログの「濃さ」

さいきんわりと調子がよい感じになっております。うちのブログ。   ☆この記事で

記事を読む

10月の活動報告

そんなこんなで、真っ裸で過ごしていたら「さみーなオイ」みたいな感じで11月になっていました。

記事を読む

タダだからこそ、有益であれ。ブログコンテンツの質を憂う

いや~風邪ひいてましたわ~みたいな出だしの文章は、誰も喜ばないんです。  

記事を読む

お前らイケダハヤトにつまんねぇって言われてるぞ、どうすんだ

またケンカを売ってみたよ。/ サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由 : まだ東京で消耗し

記事を読む

カルロス袴田8月の活動報告

まったく関係ありませんが、さっき描いたプリキュアです。   9月です。

記事を読む

それでもネタ切れに悩む困ったちゃんへ…ネタの発想法

僕はとりあえず、ネタ切れはしない自信だけはあるのです。それが面白いかどうかはともかくとして。

記事を読む

漫画家はもっとセルフブランディングするべき

セルフブランディングって何だよォォォォ!!!! という声も聞こえてきそうなので、説明いたします。別

記事を読む

ブログを書く理由。誰かにとって面白いもんでありたいのだ

僕はブログを書く。中学生が和訳した英文みたいですが、僕はブログを書きます。今日も大したアクセ

記事を読む

「月3万円ビジネス」はネットの方がやりやすそう

おー、と思った。   「1か月で小遣い程度」を複数持つ 月3万円

記事を読む

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑