*

漫画とデレステのことしか考えていない

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 デレステ

最近ひたすらに漫画を描いて、デレステのイベントを駆け抜ける日々を過ごしている。楽しい。充実した毎日がエヴリデイだ。

 

朝起きてはネーム作業とデレステ、仕事から帰っては原稿にデレステ、風呂入りながらデレステ。もはや俺自身が輿水幸子なのではないかという錯覚を覚えるほど、めまぐるしい日々を過ごしている。

 

LIVE Groove vocal burst

今現在どうしてこんなにアホみたくデレステに打ち込んでいるかといいますと、イベント中だからですね。そうじゃなきゃここまでやらない。

 

どうでもいいイベントならいざ知らず、僕の密かな推しデレラガールであるエスパーアイドル堀裕子がポイント報酬として登場しているわけですから、そりゃもう熱心にシャンシャンせざるを得ないのですね、これが。参ったよ。

 

(画像はこちらより)

ついにSRに出世しました。ユッコさんおめでとうございます。わがことのようにうれしいです。もはや俺自身が堀裕子なんじゃないかというぐらいに、堀裕子について考えている。

 

ところがドッコイ、堀裕子をゲットするためには10000ptという壁を乗り越えねばならない。現在必死こいて貯めたポイントが6300程。一回のライブをこなすのに4時間のスタミナ充填が必要で、一回につき370くらいポイントが貯まる。(MASTERは無理なのでPROで頑張ってます)

 

で、イベント終了が8日の夜なので、せめて余裕もって7日の夜くらいには10000ptに到達しておきたいところなのである。つまりあと3700pt必要。およそ10回のライブをこなす必要がある。

 

あと4日間でライブ10回とか、もはや覚えたてのサルじゃねーかという勢いだ。それでも、ありったけのスタドリを全身に浴びて頑張った結果がこの現状なのである。いざとなればスタージュエルの投入も惜しまない覚悟であるが、おそらくここまでくれば自然回復のみで到達できるであろう。僕はこの現状をして、「ユッコ圏内に入った」とガッツポーズをした。

 

イベント楽曲のアレコレ

今回のイベントですが、過去のイベント曲である『アタシポンコツアンドロイド』なんかもしれっと登場してくれるあたり、分かっている。さらに言えば、アニメ版で登場したユニットの曲なんかもボンボン投入されており、これは超うれしい。ニュージェネの曲とか、聴いててウンコ漏らしそうなほどうれしかった。

 

白眉は三村かな子の楽曲『ショコラ・ティアラ』ではなかろうか。一聴した瞬間に、「雪歩や! 雪歩が帰ってきた!」とボケた爺さんのように叫んでしまった。もしくはアムロの父さんばりに。

 

ワウの効いたギターの仕事っぷりがアイマスっぽさ全開かつ、ボーカルのウィスパーっぷりが絶妙な雪歩感。ぜひ聴いてみてほしい。

 

 

あとは、諸星きらり率いる凸レーションの楽曲『LET’S GO HAPPY!!』(なんて曲名だ)も、びっくりするほどのキラメキラリ感で、765プロ大好きおじさんとしてはたまらない。

 

そんなこんなで、結局デレステの曲は全部良いのである。サントラを希望する。

関連記事

デレステのルームメイク楽しすぎワロタ

うちの事務所です。デレステでなにげに楽しい要素が、このルーム作りなのですね。 &nbs

記事を読む

【デレステ】PROフルコンのコツとか

やっとこさ、お願いシンデレラのPROをフルコンできる程度にはなりました。カルロス袴田です。まだまだ俺

記事を読む

頼むからシンデレラキャラバンで輿水出してください

S S R 幸 子 を 待 ち 望 む 会 (画像はこちらから)  

記事を読む

【デレステ】ススメ☆オトメはモー娘・AKBと並ぶアイドル曲スタンダードである

(画像はこちらから) ポンコツアンドロイドの衝撃も覚めやらぬなか、僕は延々『ススメ☆オ

記事を読む

ソシャゲがパチンコよりタチが悪い3つの理由

ソシャゲとパチンコは同じである。むしろ、ソシャゲの方がパチンコよりもよほど、タチが悪いといえます。

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑