*

10月の活動報告

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 カルロス袴田の漫画, カルロス袴田の音楽活動, ブログについて

そんなこんなで、真っ裸で過ごしていたら「さみーなオイ」みたいな感じで11月になっていました。おかげさまで風邪もひかずに頑張っております。カルロス袴田です。先月の活動報告といきましょう。

 

漫画

9月を振り返ったあたりで、「10月は100ページぐらい描いたるで」と宣言した気がしますが、見事に自爆しました。

 

やっぱ100ページは無理でした。でもけっこう描きました。

 

『インフレホラーショウ』が9ページで、リバーサイドティーンズが8ページ。日めくり漫画と題して14ページくらいやりましたので、合計するとまぁ30ページくらい原稿を描いた計算になりますでしょうか。

 

ネームだけですと、昨日おとといでとんでもない量をやってました。70ぺージ分くらい作ったのではなかろうか。

 

落書きは描きまくったのでほぼ記憶にないです。けっこう描きました。

 

今もリバーサイドティーンズの作画が楽しくてしゃーない感じですね。まったくカネにならないことでも有名な作品なのですが、いかんせんこないだネームやってるうちに涙が出てくるほどに魂がROCK(ロック)されてしまいましたので、これはもうライフワークです。俺は描き続ける。

 

最近の生活リズムとしては、朝早めに起きてネーム作業をして、夜に作画しています。ブログ云々の収入がもっと伸びたらニートに進化していきたいのですが、現状まだまだですわな。

 

音楽

2曲作りました。いかんせん人生の比重が漫画にいってますので、音楽はほんとーに息抜き程度にしかできておりません。

 

ただ、シオリエクスペリエンスという素晴らしいロック漫画と出会ったおかげで、夜な夜なギターを弾いてはニヤついています。

こんどレビュー書きます。

 

ブログ

一応更新は続けておりますが、いかんせん文章よりも漫画を描きたいのでかなり控えめな記事が増えました。画像のみの記事とかもザラになってきましたので、これは毎日更新する意味もあんまりねーんじゃねーの、と思いつつ10月の収入は色々あわせて5000円ちょいでした。

 

5000円て!

 

 

まとめ

今月はとりあえず60ページくらいを目がけて原稿ジャンキーと化していこうと思います。

 

あと冬コミ受かったと二天先生(僕が所属する同人サークルの主宰です)から聞いたので、デレマスの漫画も描きます。

関連記事

C92で出した本の紹介

こんな本を出しました。 ↓ピアプロリンクです。   こん

記事を読む

\オープンワールド!!!/楽曲解説~カルロス袴田インタビュー byカルロス袴田

現在のボカロ界におけるよくわからない微妙な立ち位置を誇るダイナミック自演ズ。その発起人である

記事を読む

リバーサイドティーンズ非日常編第14話『既に』

前の話     つづき

記事を読む

ブログを書く理由。誰かにとって面白いもんでありたいのだ

僕はブログを書く。中学生が和訳した英文みたいですが、僕はブログを書きます。今日も大したアクセ

記事を読む

読切『ゲルシュテンドルゴゴ族』がジャンプルーキーで読めるぞ

出来ました。昨日の夜。新作読み切り15ページでございます。   &nb

記事を読む

ブログSEOは「長文じゃなきゃダメ」ってわけでもない

By: FutUndBeidl[/caption] ブログSEOにおいて、「長文じゃなきゃ上

記事を読む

リバーサイドティーンズ 日常奪還編 ep.4

いちばん最初 前の話     [gallery

記事を読む

リバーサイドティーンズ非日常編第16話 GET BACK

前の話   つづき

記事を読む

日めくり漫画 事務員キャリーその3

記事を読む

no image

【曲】(DON’T)CALL ME BABY/JKFL

(DON'T)CALL ME BABY/JKFL [/audio] 以前よりやってみたか

記事を読む

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

→もっと見る

PAGE TOP ↑