*

BPMが「遅くなる」ポップ音楽たち

カルロス袴田です。ボカロPです。

 

最近、メインストリームの楽曲のスピードが「遅い」と思ったので記事にします。

 

(注:遅いとか速いとか、一概にどっちが良い悪いの話ではないよ。)

 

 

遅いバンドミュージックたち

まずは「遅い」メインストリームっぽいものを挙げてみます。ドン。

 

まずロン毛にびっくりなんですけど、音的にもグループサウンズみたいで良いですよね。never young beach。

ボーカル(安部勇磨さん)の野太い声がまた、時代錯誤感を感じさせて良いです。

 

少し脱線しますけど、最近のバンドでの男性ボーカルといえば高音出してナンボ的な部分がありました。

ユニゾンスクエアガーデンとか、フォーリミとか、セカオワとか。中性的な声。

 

まぁボーカルの話はまた別の機会に書くとしまして、楽曲のスピードの話です。

 

 

次はCMでも有名なSuchmos。曲は別です。

 

遅いね。

 

曲を遅くすることによって、それぞれメロディや曲の行間の味わい、どっしりしたグルーヴ感などを強調できているように思えます

 

クラブミュージックはもっと遅い

一昔前にダブステップ(ブロステップ)といったジャンルを爆発的に流行させた立役者のひとり、Skrillexの楽曲も遅いです。

 

遅いね。そして激しい

 

バンド音楽の低速化が、ゆったりとしたグルーヴのものを増やす方向へのシフトと考えるならば、クラブミュージックの低速化はよりコアな「激しさ」の強調を目的としているように思えます

 

とくに最近のクラブミュージックで顕著な、サビ的な部分(ブリッジ)でテンポを半分にする「ドロップ」という手法が定番になっているのも面白いです

 

 

速いひとたちもいる

未だに9mmは速いです。もう伝統芸能です。

 

このバンドに関しては「速い」ことを楽しんでいる部分もありますので、速くて当然な感じもあります。

 

 

クラブミュージック界からはゆーしえ(YUC’e)さんをご紹介しておきます。

 

速い曲ばかりではないですが、速いのがお好きなのだろうなと思います(違ったらスミマセン)。

 

こんだけ高速に展開するなかで詰め込まれ練られたサウンド、そしてバッキバキのドロップ。素晴らしいですね。

 

 

おわり:遅いと「手数を増やせる」

遅い曲と速い曲を紹介してまいりましたが、両者それぞれに魅力があります。

 

主観ですが、遅い曲は今後メインストリームに次々と現れるのではないかと思います。

 

ボカロ新クラシックである『妄想感傷代償連盟』なんかは、そのゆったりとしたグルーヴにサンプリングされたギターの絡み方が絶妙です。

 

こういうサウンドを速い曲でやろうとすると、凄まじくカオスなことになりがちです。

 

遅いテンポの利点ともいえると思います。手数を増やしやすいのです

 

 

そもそも速い曲も遅い曲も「限られた時間に詰め込みました」という思考錯誤の結果としては同じものなのです。

 

BPMが100だろうが200だろうが1秒は1秒ですし、あくまでそれは体感によります。

 

要はノれるか、気持ちがいいか、といった点のみが問題なわけですね。

 

で、速くなくてもノれるよね、という気持ちを呼び覚ましてくれたのが遅い楽曲たちなのでした。

 

というお話しです。

 

 

以上!

関連記事

わたしの作曲方法~ざっくり編~

作曲の仕方はいろいろあると思うんですが、ここでは僕の作曲方法について書いてみようかと思います

記事を読む

どうすれば人間は曲が作れるようになるのか?

  カルロス袴田です。ボカロを用いた楽曲を製作しています。  

記事を読む

【募集】フォロワー参加型・ガヤ入れ企画というアイデア、ヤバい。

わたしも参加します。 カルロス袴田です。 戦友のお知らせ・告知・募集的な記事です。 &n

記事を読む

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオーバーグラウンドとアンダーグラウ

記事を読む

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作品・『平凡』の内容がそりゃもう

記事を読む

DTMのはじめかた~クソみたいな曲をつくろう~

僕は音楽を作って遊んでいるんですけど、その作業9割がPC上で完結しております。いわゆるDTMというや

記事を読む

コードを分析してSHISHAMOの魅力を伝えんとする記事

SHISHAMOというバンドがすげーな、と思うので楽曲をすこし分析しました。  

記事を読む

おジャ魔女とダンスミュージック~僕らはアニソンでありファンクだった~

ポップ音楽はダンスミュージックである。たぶんそうだ。   先ほどおジャ魔女どれ

記事を読む

The Strutsが踊れる理由はキックのデカさだ。【レビュー】

(この記事はたぶん数分で読めます。) どうもボカロPのカルロス袴田と申します。 &nbs

記事を読む

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

ものごとがつづかない人へ。わたしが毎日四コマを描く理由

カルロス袴田(@hakamad)です。 いつの間にやら、毎日四コ

→もっと見る

PAGE TOP ↑