*

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッターやってるからフォローしてくれよな!(でもこのブログ見てるひとほとんどツイッター経由な気がする)

 

才能なくても元気でおなじみなわたしですが、ボカロPというのをおかげさまで続けさせていただいています。きょうは嫉妬ジェラシー「なんだアイツゥ!キィ~~ッ」ってなってハンカチを噛み千切りたくなる気持ちの対処法とかについて考えていこうと思います。

明日から毎月のハンカチ代が減るように頑張っていきましょう。

 

↓『才能なくても元気』好評ストリーミング中だぜ!

 

ひとはなぜ嫉妬するか

メンタリストのDaigoが言ってましたけど、自分が嫉妬する相手というのは、自分が欲しいものを持っている相手のことなんだそうです。へ~~~

まぁそれで終わり、みたいな話になるとDaigoの宣伝で終わってしまうので、もう少し考えていきましょうね。

 

だからまぁ、まずは嫉妬する相手を認めちゃうことが大事です。プライドなんぞはガン捨てでいいと思います。

ぼくもどっちかというと嫉妬してしまう方ですし、さらに言えばけっこうな天邪鬼なので、作曲とかでもなるべく「クールな曲が流行ってんのか!」と思ったら「ならバキバキに熱い曲でブイブイ言わしたろやないの」と思って逆張りしていくのが好きです。

カッコいい動画が人気になっているなら、じゃあ動画で漫才でもしたろやないの!という。そんな天邪鬼マインドです。

 

という風に嫉妬の気持ちを自覚したならば、そんな風に戦略を立てて動くことが出来るのですね。

なので、傾向と対策みたいなもんだと思って、自分の嫉妬心を利用してあげるのが効果的だと思います。

 

若くて才能のあるひとが気になるケース

若いひとの才能に関しては、昔はよく嫉妬してたんですが、なんか最近は「おっ、ちゃんとメシ食えよ!」みたいな謎のおじさんが心に芽生えてきてあんまり嫉妬はしなくなりました。

というか、年齢ってけっこうどうでもいいなぁと思うんですよね。ただの数字って感じがします。

もちろん、いい感じに年をとって玲司センセイみたいなご機嫌な大魔王になりたいとは思いますし、いつかは絶対に杖をついてローブを着て火球を放つ黒魔術のマスターになりたいという気持ちはあるんですが。ともかく、歳を重ねることの恐怖はだいぶ薄くなってきました。

 

で、逆に若いひとで自分よりチヤホヤされている人を見ても特になんとも思わないのが現状です。

 

これはなんでかなぁと考えると、たぶん「チヤホヤされてるように見えるひとでも、並々ならぬ努力と苦労をしている」というのが想像つくようになったからだと思うのです。

人気があったり才能があるといわれている人々って、やっぱすげー頑張ってるんですよね。そこを想像しちゃうと、安易に嫉妬して出る杭をアタックする気にはなれないのです。

もっと言えば、そこに嫉妬してるよりは自分でなんかのアクションを起こした方が自分の人生にとって変化が大きいので、結局は自分にとっての燃料に変えるのが吉なんですな。

関連:承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

 

才能よりも重要なのは思い込みである

ぼくも漫画をやるために仕事を辞めたりして、退職一か月前に描き上げた渾身の読み切りを担当編集の方に「これはダメですね(要約)」一撃で葬られたりしている過去がございまして、そんときはさすがに「あ、俺人生終わったわ^o^」って思ったりもしました。そのほか、毎日なんかしらのモノづくりをしているのですが、「才能ね~~~~~~~!!自分!!」と思うことはしばしばあります。

 

でも、なんか知らないけど昔から「自分、ぜったいなんか将来やるわ」という謎の思い込みだけはありました。今もあります。ごめんなさい。

 

これを読んでくれている人の中にも、そういうひと、けっこういると思うのです。

 

やれるよ!!!

 

わたしが言うのだから間違いない。やれます。

確かに人間、能力や興味の向き不向きみたいなもんはあります。絵とか音楽とか、創作に関してもある程度やっぱり、なんもしなくてもやたら上手いひとっています。

でも人間って弱いので、いわゆる才能がある人の中でも頑張れるひととそうでもない人がいます

じゃあとりあえず、好きなことだけでも頑張ってみたら普通になんとかなるもんだと思うんですよ。

 

関連記事:ものごとがつづかない人へ。わたしが毎日四コマを描く理由

(最近は毎日四コマってわけじゃないですけど気にしないでください)

 

歳とるの最強

ぼくの昔の曲、キーというものがさっぱりわかんなかったし、どうやって勉強したらいいかもわかんなかったからめっちゃ音痴なんです。

「やっぱ音楽ってクリエイティブな素養がないと無理なのかな~~」と絶望したりもしました。だって自分でどこが間違ってて合ってるとかさっぱりわかんなかったんですもの。

 

でも、ある程度トシくったら、勉強の仕方がわかったのでググりながら勉強したら出来たんですよ。そんなもんなんですよ、意外と。

うわ、年取るの最強やん!と今になって思います。

 

だから、焦らないでいいです。好きなことだからいずれチャンスはきます。好きという熱量をすこしずつキープして、ゆっくり進んでいきましょう。

ぼくもその道におりますので。

 

おわり🍣

 

↓悩めるひとに大体オススメしています。名著!

pixivFANBOXはじめました

そういえば、pixivFANBOXというのをはじめました。月額397円でわたしの日記や、たまに未公開楽曲やデモ曲が聴けたりします。よかったらどうぞ🍣

関連記事

「継続は力なり」はマジなのか~結果と才能と努力と運と部屋とワイシャツと私~

最近思うのが、結果と才能と努力は別だよな、という話です。   結果とは

記事を読む

非生産的になるススメ ~全力で何もしない~

  こんばんわ。カルロス袴田です。   今年はブログを

記事を読む

ものごとがつづかない人へ。わたしが毎日四コマを描く理由

カルロス袴田(@hakamad)です。 いつの間にやら、毎日四コマを描いています。 &n

記事を読む

ボカロを聴けなくなってからボカロが聴けるようになるまでの話

  どうもカルロス袴田です。ボカロ楽曲をつくったりすしの絵を描いたりしていま

記事を読む

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

ブログを書く意味~ブログは健康にいい(気がする)のでみんな書こうのコーナー~

オッス、オラカルロス。 定期的にとてもブログを書きたくな

→もっと見る

PAGE TOP ↑